『2020年はどんな年??』

すっかり寒くなりましたね〜。
もう2020年も年の瀬が迫ってます。
早いですね〜1年は…
今年はどんな年でしたか?


って…

コロナにやられた、くそコロナ

以外何か思いつきますか??

今年2020年は本来ならオリンピックイヤーとして、日本中が熱狂の渦の中にある
はずだったのに…
(みんな覚えてます??汗)

全てコロナに狂わされた1年でした。
しかも終わり見えてない…

来年もこのまましばらく継続…?!
しそう…

生活が一変された方、人生が狂わされた方
世の中にどれ位いらっしゃるのでしょう…

著名人のコロナ感染や死去のニュースに
ビックリさせられ、
連日報道される感染者数

改めて人生の歩み方について考えさせられる1年でした。

とかく、私個人的には部活を一生懸命頑張ってきた高校・大学生の最終学年の生徒達
この子達には、かけてあげれる言葉が見つかりません。

小さい頃から【夢】として持ち続け、
進路を決め、並々ならぬ努力の末に
迎えるはずだった【夢舞台】

それが…
こんなはずじゃ…

もし自分なら…どんな心情だっただろう…

過去は変えられない!
でも未来は変えられる!

なんて、言う人もいるでしょう。

おそらくそんな簡単な事では無いんですよね…

人生で、その【夢舞台】に臨めるのは、その時しかないのです。

一生に一度なのですから…

でも掛けてあげれる綺麗な言葉がそれしか見つからないんですよね…

青春時代の真っ只中の思い出と言ったら
私は真っ先に部活を思い出します。
その時の場面や、仲間達の顔。

一生記憶に残り続けるのが、最後の大会
なんですよね。

練習は中止を余儀なくされ、不完全燃焼のまま、青春時代を終える学生達…

この現実過去になった今、
未来をどう変えるか。

それは、未来に過去を超えれる
【夢】を作れるか!

それしかないのかもしれませんね。

小さな頃から抱いてきた<【夢】を、誰のせいでもなく、奪われ、ぶつけようの無い、感情。
これを超えれるだけの<【夢】を作るには容易では無い事はわかります。

目の前の【夢】というより少し先の【目標】を作る事が大切だと思います。

私は、今年大きな発見ができたと思っています。
就職を一般的に22歳や23歳ですると仮定すると、12歳から18歳までの間には、
つきたい職業をいくつか決めておくべきだ、そしてそれを【夢】の1つとして、
部活と同じように長年かけて磨くべきだ。
と、考えるようになりました。

私自身も、野球にあけくれた学生時代、野球がなくなった途端に急に社会に放り投げられたような感覚になり、
世間についていけなくなり、自分の存在意義について考えた頃を思い出します。

今回、青春時代の思い出が『コロナ』になってしまった子供達も少なからずいる事でしょう。

でも、青春時代に苦楽を共にした[仲間]
一生の記憶であり、想い出である事に
間違いありません。

私ぐらいオッサンになった時に、きっと
笑って2020年の出来事を話せる時が来る。

この残酷な現実を受け入れざるを得なかった、君達は誰よりも強く、誰よりも逞しく、大きな【夢】を作れると思います。

その為に私達大人が何をしてあげれるか。
大人にしかできない事がある筈です。

きっと正解や不正解はありません。
だって誰もが経験した事のない現実が
起こってしまったのですから…

正解を見つける旅ではなく、
常識を変える旅を私はして行きたいと思います。









 

Scroll Up